スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15の夜のギター練習は順調です。

2008年06月28日 00:45

P6270527.jpg


どーも、ムトウスです。
声の方も久しぶりに、調子が整っております。

この前チラッと「尾崎豊」と名前を出していましたが・・・。
「15の夜」を練習しています。

尾崎豊の「15の夜」・・・。
ギター練習、まあまあうまくいっております。
コードは一通り覚えました。
後は、慣れるのみ・・・です。
まあ、目標はスピッツの「ロビンソン」なんですが、今の状態では流石に無理がありますので。
・・・と言っても、尾崎豊を「代用」として捉えている訳では絶対にありませんので、ご注意ください。

私も尾崎豊の歌が好きですから、歌いたいんですよね。
そして、キーの問題もあって、今がちょうどいい歌い時、ということで練習しているのです。
歌詞も、今の自分の気持ちととてもシンクロしていますから、とても歌いたいのです。

まあそんなわけで、ギター練習の方は順調です。
いろいろと、時期を待ってから公開、というのも考えていますが、とにかく全力を尽くしますので。
7月中には絶対公開・・・でしょーね。



乞うご期待!!!


スポンサーサイト

続・羅生門なのさー。

2008年06月25日 01:01

CCF20080625_00000.jpg

作・芥川龍之介の、「羅生門」のイメージ絵。

いやはや、昨日は簡易的な読書感想文を書いたのですが、今回は、これまたプリントにあった「羅生門の続きを考えてみよう!」とやらという問題に答えたやつを載せたくなったので、やってみます。
[続・羅生門なのさー。]の続きを読む

羅生門。

2008年06月24日 01:16

どうも、年齢不詳を貫き通すムトウスです。(笑)
わざわざ、年齢のわかる記事は控えている・・・という程です。
どうしようか。どうしちゃおうか。
どこかきちんとした場所に詳しく書いたり・・・はしませんが、これからは、記事の内容などで薄っすらちょこちょこ分かるかもです。

それでは内容に入りますが・・・
この前、羅生門を読みました!
その時、プリントにあーだこーだ簡易感想みたいのを書かされた物を、せっかくだから記事にしようとして忘れていた・・・のを今さらやります。(何

しかし、芥川龍之介の作品は本当に奥が深いですね。
考える幅が大きいというか。
ああ、それと、これから書かれている簡易感想は、実は、少ない時間で2つの簡易感想を混ぜ合わせた物(もちろん自分が書いた感想を、ね。)になるので、分かりにくくてもご配慮ください・・・。
それでは、殴り書き簡易感想、行きます。
[羅生門。]の続きを読む

尾崎豊・・・のキーなら歌えます・・・。

2008年06月23日 01:27

私が心を開いている音楽は、やはりスピッツなのですが、
他にも尾崎豊やMr.Childrenも聴いたりします。

そこで最近、ふと思ったのですが、
「尾崎豊」という偉大なミュージシャンや、他のも歌も歌ってみたいな、と。
尾崎豊の「シェリー」には結構思い入れがありますし、挑戦してみたいな、と。

声を出しすぎで喉がヘナヘナになったりしてない、声の張りの調子がいい時なら「15の夜」は歌えました。
「17歳の地図」が歌えた時は、もう絶好調ですね。

まあそんなこんなで、実は結構前から尾崎豊の歌を練習してました。
だからと言って今すぐは何もありませんが、いずれ・・・何かします。







ギター弾けてもキー足りない、なんてのはもうゴメンですので安心を!!!(汗

伊澄に捧げる詩 その10

2008年06月14日 00:19

独り。



誰にも理解されない詩を書く―――――――
[伊澄に捧げる詩 その10]の続きを読む

伊澄へ捧げる詩 その9

2008年06月10日 01:20


何だか、伝わらない思いというのは、悲しいものですね。

しかし、もっと信じて突き進めなければ、という ひた向きさ が重要で、
本当に強い思いだけが叶えられる・・・なんていう、厳しい現実があるんですね。

・・・たまには、意味不明と思われる言葉を並べて、世界観を広げるのもいいです。
今回はちょっと変わった詩。
かなり・・・かな?

意味不明な言葉の連続を、お楽しみください。

では、詩を。
[伊澄へ捧げる詩 その9]の続きを読む

伊澄に捧げる詩 その8

2008年06月04日 01:39

考えをまとめるために詩を書くという、なんという・・・的なことをしてます、ムトウスです。

ここ数日、また一歩、新しいことに足を踏み出し始めたので、今回も詩を。


「詩」は、創った方も、心が癒されますね。

詩は、「言葉の結晶」ですから、思いが凝縮されるものなんですよね。

気持ちの整理には、ちょうどいいです。

それでは、どうぞ。
[伊澄に捧げる詩 その8]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。