スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntuの導入を検討してみる

2012年07月26日 08:15




現在はKubuntuユーザーですが、
Ubuntuに興味を抱いたりしている今日この頃です。








ふとUbuntuの動画をYouTubeで見てまわってから色々と気になって調べてみたところ、
Ubuntu Tweak」と呼ばれる設定ソフトを用いることで自分の愛用しているKDE PlasmaDesktopの
タイトルバー右クリックでウィンドウを閉じる」「ウィンドウの影に色を付ける」
などといった細かい挙動・外観の変更が可能ということを知りました。
何時しか「GNOME KDE 比較」で調べて耳にした「KDEと違ってGNOME、Unityはカスタマイズが効かない」という噂も、
どうやら「そんなことなかった」という感じでしょうか。
(勿論、デフォルトの状態からいじれるのはKDEくらいなんでしょうけども。)

メインのラップトップPCでCompizがうまく動かなかった為に、Ubuntuを使っていたのは1ヶ月にも満たないので
自分にとっては本家ながらも未だ未開の地というのが現状なのですが、なかなか面白そうです。
自分が今Kubuntuを使っているのも、Ubuntuというブランドに対する安心感、信頼感からですし。

ただ、Ubuntuへの乗り換えを検討している上で一抹の不安となっているのが、KDEウィジェットを使えない、というところ。
メニューバーが省スペース化されたりするのはいいものの、
デスクトップを効率的かつオシャレに整えられる「フォルダビュー」が無いのは物足りません。
この「フォルダビュー」というのはKDEにデフォルトでついてくるデスクトップガジェットで、Windowsでいうと「Fences」と同じ役割のものです。
自分はこの種の「枠」をWinでもLinuxでも愛用していて、非常に慣れ親しんでいます。
コレがあるだけであのゴチャゴチャした「アイコンを置いただけ」の無骨なデスクトップの雰囲気が清潔になるのです。
Unityには「アプリケーションランチャー」というものがありますが、起動後に素早くワンクリックで「Documents」や「Pictures」にアクセスできる方法は「デスクトップに置く」しかありません。


↑・・・と思っていたら、あまり話題にならないながらもデスクトップガジェットがあるんですね。さすが本家、といったところでしょうね。。。今まで舐めてて申し訳ありませんでした。完敗ですm(_ _;)m

詳しく説明するとどうやら"Screenlets"と呼ばれるデスクトップガジェットを管理できるソフトウェアがあり、その中にはそのまんま"FolderView"なるものがあるそうです。。。
完璧ですね。抜け目無いですね。

残りはHUDが使い物になるのかどうか、くらいですね。
変換の伴う日本語環境では素直にクリックしたほうが早いですし。。。("Open"とかは日本語メニューバーでは無理な模様)

Unity LensだってGNOME3のようにgoogle検索機能を付けたほうがよっぽど役に立つのに!と思って調べてみたところ、
情報が小出しで分かりづらいながらもWikipediaを追加したりYoutubeを追加したりすることはできるようです。
また、日本での普及率の低さがネックとなり今のところ有用なまとめ記事はありませんが、英語版ならUbuntuQ&Aサイトにズラッと「どんなことができるのか」が書かれています。
そこで一番気になったのが<12>の「Web Sources Lens」です。

Selection_0011-500x158.png

This lens lets you perform a web search from your desktop without having to open a separate browser first. You type in your search terms and select which "source" you want to use to search with.



手っ取り早くGoogle翻訳すると

このレンズは、最初に別のブラウザを開かなくても、デスクトップからWeb検索を実行することができます。あなたの検索用語を入力し、あなたと検索に使用する "ソース"を選択してください。



つまりAltキーを弾くだけで、ブラウザの検索バーのように色んな検索エンジンからWeb検索ができる訳ですね。
「検索ワードを反芻しながらブラウザの起動を待つ」というテンポの悪さがいつも嫌だったので、便利そうな気がします。(たまに忘れちゃいますから(笑)
ちなみに「Web Sources Lens」に関する日本語の紹介記事が探しても出てこないので、Ubuntu導入次第自分が書こうと思っています。


・・・取り敢えず、そんなこんなでUbuntuを検討しているのが現状です。
前々からUbuntuソフトウェアセンターは羨ましい限りでしたが、
「Ubuntuがこんなに色々できるとは思わなかった」というのが詳しく調べた感想ですね。
本格的に使う頃となると新しくデスクトップPCを買う来年くらいになりそうですが。
(やっぱり今の貧弱なCeleron CPUでUnity&Compizはなかなか厳しいものがありまして。。。)
Ubuntu12.04を試してみてCompizの調子が良ければ、時間ができ次第すぐにでも導入していいかなという感じです。

関連記事


コメント

  1. 無何有人 | URL | -

    近頃のubuntuはリソースばかばか食うのでなかなか踏み込みにくいですよね。
    コスト的に・・

    でもUnityはカスタマイズするソフトで武装すれば、ある程度自由にカスタムすることがてきるので使い込むと楽しいOSではありますね♪( ´▽`)

    ただ11.10の時に出来てたログイン画面の壁紙変更が上手くいかないのが残念ですね。
    動いてくれ、俺のScreenlets・・・

  2. ムトウス | URL | OvAC3I3E

    Re: タイトルなし

    > 近頃のubuntuはリソースばかばか食うのでなかなか踏み込みにくいですよね。
    > コスト的に・・

    KDEだと色んな効果が「デフォルト機能」であるおかげか辛うじて動くんですが、
    ついついあれもこれもと後から付け足してしまうUbuntuだと結構しんどいですね。
    何も付け足さなくとも、アプリケーションランチャーは地味に負荷ですし。

    > でもUnityはカスタマイズするソフトで武装すれば、ある程度自由にカスタムすることがてきるので使い込むと楽しいOSではありますね♪( ´▽`)

    Unityがこんなにカスタマイズできるとは知りませんでした。
    カタブツ、強引なイメージがあったので(笑)
    でも結局今の環境をほぼ再現することが目標になる感じです。

    > ただ11.10の時に出来てたログイン画面の壁紙変更が上手くいかないのが残念ですね。
    > 動いてくれ、俺のScreenlets・・・

    そんなことが。。。
    Ubuntu Tweakにも設定項目はあった気がしますが、
    それでも無理なら今後のアップデートで自然に安定してくるのを待つくらいしかありませんね。(ちなみにKubuntuはしょっちゅうそんな感じです)
    ハードウェアの違いによって起こる不安定性はどうしようもないものですが、何とか改善策を見つけてほしいものです。

  3. | URL | -

    記事読ませて頂きました。
    ありがとうございます☆
    それではまた。

  4. ムトウス | URL | OvAC3I3E

    Re: タイトルなし

    お越しくださってありがとうございます。

    近々、Ubuntuのおすすめソフトすべてを厳選した大掛かりな記事をアップする予定なので、その際には是非、お読みくださいませ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutous.blog120.fc2.com/tb.php/205-874d82f2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。