スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省 to the 四国。【後編】

2012年08月12日 01:46

Photo 12-08-05 20 06 522

(前編はこちら。)

お盆前のギュウギュウ詰めの新幹線に乗って岡山駅へ。
階段を降りた先はまさかの殺風景・・・







Photo 12-08-05 19 49 322


松山行きの特急「しおかぜ」を待つ間、暇なのでパシャパシャと写真を撮っていました。

あれは・・・

ア●フォンス・エル●ック?

023.jpg

似てる・・・。

Photo 12-08-05 19 52 122


おしりも拝見。

彼はもしかして・・・


ホ●ーマン?

        \ホラホラー/
honeman.gif




いや、彼は死んだはず・・・。



Photo 12-08-05 19 59 432

その後も、

Photo 12-08-05 20 03 092

いろいろ、

Photo 12-08-05 20 03 112

電車は来まして。。。


・・・って、今の電車・・・

Photo 12-08-05 20 04 332

デスザウラー!!!

51TyUbAXzXL.jpg
img_608260_21780380_500.jpg


・・・とまぁいろいろやっていますと、時間は過ぎるもので。。。

Photo 12-08-05 20 10 542
Photo 12-08-05 20 10 592

やってきました、僕らのしおかぜ27号です!!


Photo 12-08-05 20 12 282

特急
しおかぜ

小学校の頃までは、
しおかぜは新幹線なんだと思っていました。

何故なら、速そうだからです。(適当


Photo 12-08-05 20 16 562

おしりチェック。

二駅先の宇多津で「いしづち」に連結するまでは、こちらが先頭車両となります。
う~ん、なんだか想像できない。


Photo 12-08-05 20 20 362

おや、あれは西武線?
いやいや、黄色いからってそんな訳がない。

西武新宿線・岡山駅。。。
いやいや、そんな訳がないって。

余談ですが。
今のところ東京の路線で人身事故が一番多いのは中央線ですが(総武線 新小岩駅は事故対策で沈静化されたため中央線が繰り上げ一位、多分)、
その代わり西武新宿線には

曰く

があります。
つまるところ、怪談でして。。。(ヒュードロドロ

某掲示板発祥ですが、有名な「2001年の秋」の舞台は西武新宿線です。

また、異次元駅系列のお話「ひつか駅」の舞台も西武新宿線だったりします。

西武新宿線って田舎側の想像する山手線ライクな「東京の電車」のイメージよりずっと田舎っぽいので、そんな異色な雰囲気が怪談を呼んでるのかもしれませんね。
かくいう自分も東京では西武線沿線民ですが。。。西武新宿線、急行が停まる駅以外は東京とは思えません。。。(特に武蔵関→野方とかへ急いでる時のもどかしさ。そう、もどかしさ!


Photo 12-08-05 20 12 142

さて、気持ちを切り替えて乗りましょうか。

ちなみに、あぁ四国だなぁなんて思うのが、
車掌さんの車内アナウンスが訛っているトコロ。

しかしちゃんとしてるところはちゃんとしていて、毎度通路を通って出て行く度にピシッと一礼してくださいますのです。


Photo 12-08-05 20 40 442

窓の景色と映る車内の、二重奏。
ああなんだか、川端康成の「雪国」を思い出しますね。
高校時代(と言っても全然歳はとっていませんが)朝講習の無い日にはひとり早めに来て、登校時間まで屋上階段の最上階に積まれた座席を引っ張り出してそこでひっそり「雪国」をよく読んだものです。
そう丁度、「雪国」の作中にあったような、冷え込んだ、冷たい風の吹く朝でした。
(断じて勤勉な方ではなかった為、朝早く教室の鍵を取りになど行けなかったのです。)


「雪国」は山あいの夕景色ですけれど、車窓から覗く夜の街も綺麗なもので。
そのひとつひとつにそれぞれの暮らしがあることを思うと、何だか感慨深いというか、センチメンタルになってしまいますね。



真っ暗闇の夜の中 灯り一列燈し行く
離れ故郷にいざ行かん 瀬戸海渡るシャレコウベ

夜露に濡れた鉄の道 滑る時計は左回り
風切り音の隙間には 眩しい日々と潮騒が
あゝ いつ迄も いつ迄も
蜜柑色して輝いて





Photo 12-08-05 22 02 142

以上
伊予に吹く風、
しおかぜ号でした


今年の夏は、懐かしい場所を散歩しましょうかね。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mutous.blog120.fc2.com/tb.php/208-9ad2f673
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。