スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneのgoogle純正YouTubeアプリ変更点まとめ。

2012年09月11日 22:21

2012-09-11 17.42.50

iOS6からはYouTubeのApple公式アプリがなくなるそうなので、
google側が直々にアプリを作ったそうです。

早速、新しいアプリの新しいポイントを紹介しながら使ってみることにします。



2012-09-11 17.43.24

検索してみると。。。

ありゃっ、ない。



本日ニュースになったばかりなので手を出すのが早すぎたのかいくらスクロールしても検索結果には出てきませんでしたが、
ちゃんと公開はされています。

↓App Storeリンク
http://itunes.apple.com/jp/app/youtube/id544007664


2012-09-11 17.44.35

起動してみると、なんとまぁクールなことか。
最近ちょっと嫌いだったものの、さすがgoogle。
でもちょっとサムネイルがデカすぎるんじゃないかなぁ。一覧性が悪いよ。


2012-09-11 17.54.36

上にフリックで、更新できます。


2012-09-11 17.45.19

右にフリックすれば、マイチャンネルと登録チャンネルの一覧が。
ひとまず下の方を見てみましょう。

2012-09-11 17.45.39

下へ下へとスクロールすると。。。

2012-09-11 17.45.55

カテゴリー一覧がお目見えになります。

大量のチャンネルを登録している人にとっては、これはちょっと遠すぎるのでは・・・?


2012-09-11 17.44.47
2012-09-11 17.44.55

ユーザーページも、この通り。

2012-09-11 17.48.46

勿論、お気に入りの動画の管理もできますよ。
ひとつ心残りなのは、「高評価した動画」の一覧が無いことでしょうか。
たまに思い出して「そういやあの動画・・・」という風にもう一度探すことがあるので。

2012-09-11 17.48.07

こちらはAppleのチャンネル。

2012-09-11 17.47.34

Firefox Channel。

2012-09-11 17.47.52

Ubuntu。


やっぱり一画面での情報量が少なすぎる気が。。。

まぁ気を取り直して、肝心の再生ページヘ行きましょう。


2012-09-11 17.52.51

2012-09-11 17.53.47

今までのようにいきなり大画面で再生されたりせず、Webライクな感じになっています。
さて、これは吉と出るか凶と出るか・・・。
しかしながら「動画を見ながらコメントも見れる」という選択肢が増えたのは喜ばしい事であると思います。
高評価・低評価もワンタッチで出来ますしね。
勿論、今までできなかった「動画投稿者のチャンネルを訪れる」こともできますよ。

下のコメント類のスペースが小さくて少々見づらい印象でしたが、もしiPhone5で画面の拡大が行われるなら問題なしでしょうか。


フルスクリーンモードはこちらになります。

2012-09-11 17.53.01

2012-09-11 17.52.57

2012-09-11 17.51.40

Apple純正アプリと比べてみましょう。下が純正アプリです。

2012-09-11 17.58.23

2012-09-11 17.58.28

2012-09-11 21.42.22


前者の新アプリは、今までのQuickTimeライクなボタンデザインと比べるとシンプルな印象で、幾分スタイリッシュになりました。
高評価・低評価を、動画を見ながらワンタッチでできるようになったのはとても便利ですね。
今まではツイートくらいしかできなかったものの、後で見る・お気に入りなども動画再生中すぐに可能です。

ただボタンが小さくなったのは、吉と出るか凶と出るか・・・。
片手派・両手派で意見が分かれそうです。


そして何より、一番肝心な部分をお伝えしたいのですが・・・


Photo 12-09-11 20 54 302
Photo 12-09-11 20 55 252


・・・わかります?

iPadのHDRをONにし忘れたせいか写真が暗くて分かりづらいですが、
ホームボタンの位置にちゅーもくです。

Photo 12-09-11 22 42 502
Photo 12-09-11 20 55 312

そう、画面が回転する方向が逆なんですよっ。


フルスクリーンモードでは、googleの新アプリが右に90°iPhoneを回転させることになり、Appleのアプリは左に90°iPhoneを回転させることになります。

今までは音量ボタンが下になるせいでテーブルに横に立てづらく、いざ音量調節しようにもやはりボタンが下側にあるので一度持ちあげる必要がありました。

これは便利・・・!!


親指で右側を支えることによりクルッとすぐ回転しました。
手首が疲れたり、親指が攣りそうになったりすることもありません。
管理人のように、上手く回せず数分考えこんでしまうようなほど不器用な人は、水戸黄門のイメージを参考にしてください。


・結論

いろいろ改善点はあれど、機能面ではホントに今までの公式アプリと比べる必要もないくらい便利でした。
商売敵だからといって手を抜いている感じはなく、本気で作っているところにgoogleのかっこ良さが溢れていました。(・・・それならGmailの方もしっかりやってくださいよ。。。
しばらく使ってみても今のところ急に落ちたりもしてないので、みなさんもどうぞ、広告もなく無料ですし試しにインストールしてみては。

※ただ、iPadのRetinaディスプレイにはまだ対応していないのでiPadユーザーはもう少し待つ必要があるようです。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mutous.blog120.fc2.com/tb.php/220-5a04e599
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。