スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、Kubuntu。

2012年09月17日 23:25

Bye-Bye,Kubuntu

インストールしてまだ一年しか経っていませんが、思えば色々な苦労と思い出がありました。
インストール直後はよくクラッシュしていて冷や汗モノだった憶えがあります。
しかしアップデートの度に目に見えて改善されていくKubuntuはいつの間にか、「やっぱりUbuntuの子なんだなぁ」と思える安心感があって信頼できるOSになってくれていました。
そんな大好きだったKubuntuでしたが、最近、原因不明の「Firefox・Thunderbirdで右クリックできなくなる」という致命的な不具合に遭遇し、プロファイルを変えても治らなかったので放置して使い続けたものの「動画などの大きいファイルをダウンロードしようとするとエラーになる」なんていう事態にまで陥ってしまったので、遂に心が折れてしまいました。

現在、予てから考えていたUbuntuを導入して試していますが、Unityに不満点も多くKDEが恋しくて堪らない状態です。
しかしながらDebianベースでないとCairo-Dockは動かないためopenSUSEなんかは選べない訳で、もしかするとLMDE(Linux MintのDebianベース版)にKDEを無理矢理ブッ込んだりするやもしれません。

と、Ubuntuがログインできなくなった傍らでMacBook Airから書くのでした。
Ubuntu、心臓に悪過ぎ。
関連記事


コメント

  1. 無何有人 | URL | -

    デザイン的にUnityは嫌いじゃないんですけど。
    なにぶん重いし遅いしであまり実用的とは言い難いですよね

    使ってて良いと思うのはレンズぐらいですね

  2. ムトウス | URL | OvAC3I3E

    Re: タイトルなし

    > デザイン的にUnityは嫌いじゃないんですけど。
    > なにぶん重いし遅いしであまり実用的とは言い難いですよね

    オシャレと言えばオシャレなんですけど、如何せん使い勝手としてはマズイですよね。
    久しぶりにUnity入れてみたんですが、Compiz使ってなくてもメチャクチャ重かったです。
    平面だからKDEよりは軽いはず、と思ったんですがね。。。

    自分的には、地味に布教しようとしてる「タイトルバー右クリックで閉じる」ができなかったのが決定打でした。
    無かったんですよ、嬉々として入れたUbuntuTweakの項目に。。。(泣)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutous.blog120.fc2.com/tb.php/221-0ace2adb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。