スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都 国分寺市“姿見の池”訪問記【前編】

2012年10月11日 02:02

2012-10-05 13.55.51 HDR_2

ゆらりゆーらり。
あてもなく電車に乗ったこの日、本当は定期の範囲で鷺ノ宮辺りでもぶらつこうかと思っていたのですが、
ありゃりゃ、iPhoneいじっている間に数十分も行ったり来たり。。。。結局、知らない駅まで飛ばされてしまいました。チキショウ。

鷺ノ宮に行こうとして今回飛ばされた駅は・・・



snapshot13_2_20121010231356.jpg

恋ヶ窪。

てめーわざとやってんだろ、とか怒らんといてつかーさい。これだっきゃ勘弁じゃきに。(土佐弁)

Aが鷺ノ宮、Bが恋ヶ窪です。
えー、なんでこんな逆方向に行く羽目になったかというとですね。。。

snapshot14.jpg

すべてはこのバミューダ・トライアングルの所為なのです。


管理人はなんにも悪くない。(エッヘン)
この東村山、小川、小平で結ばれた三角形の中はもうなんや訳分からんことになっちゅーぜよという状況でして、
管理人は知らない間に西武新宿線、西武拝島線、西武国分寺線の3つの路線を渡り歩いて(渡り座って?)ここに辿り着いたのです。
そう考えていると西武線マスターにでもなった気にならない訳でも無いのですが、残念、まだ西武多摩湖線とかは乗ったこと無いです。

兎にも角にも、要するに

ボーッとしてたら電車が逆走しだして知らない路線の知らない駅に連れてかれた

ということです。
管理人はなんにも悪くない。(エッヘン)

ねーホントにねー
電車が急に逆走し出した時は「事件だッ!」と思いましたよ。
路線変わっただけだったんでしょうけど・・・。

そして降りた駅の駅名すら見なかったので、家でGoogleMapからじっくり調べるまで何が起こったのか、何処で降りたのかすらさっぱり分からなかったのですが、

兎にも角にも、要するに

2012-10-05 13.39.51_2

降りたらこんな景色だった訳です。

わー、果てしない道ー。

2012-10-05 13.40.39_2

こちらが恋ヶ窪駅(多分)です。


そうそう、この日は無駄にいい天気でして、電車内でもうつらうつらしていたのが仇でしたね。
そんなこととはつゆ知らず、「ちょっと歩いたら田無に着くだろう」とか思ってテクテク歩き始めました。



BGMはスピッツの「自転車」。
この日、自転車には乗ってないですけど、この曲自体「自転車で君の町まで行けたらなぁ」ってニュアンスの歌なのでセーフです、セーフ。

駅の東側(当初は北だと思っていた)を歩いていきます。

2012-10-05 13.44.56 HDR_2

がたんがたんがたん。

2012-10-05 13.49.33 HDR_2

ざわざわざわ。

音は電車と葉風のみ。

2012-10-05 13.53.46_2

「大きい木がある場所には何かある」


それが、管理人の探険時に於ける基本行動の根幹を成していますです。
吸い寄せられるように踏切を越えて、今度は南方面に向かいます。
歩道橋の向こうには、ほらもう、すぐそこに。

2012-10-05 13.55.38 HDR_2

入るところが見当たらなかったので、側を通ります。
この時点でもう自分の意識はすでに道の先にしかいってなく、直前まで横の大きな林が何なのか気になってたことなんて忘れています。

2012-10-05 13.55.51 HDR_2

この日は本当に陽射しが強く、手の汗がiPhoneのカメラレンズについてしまったためなのか、
光に反射して虹のようなやつが出てきております。

2012-10-05 13.57.04 HDR_2

この先の交差点。
個人的に非常に"シビれる"哀愁漂う交差点で、是非写真に取って置きたかったのですが、距離感を見誤って上手く写真が撮れませんでした。
今度また再チャレンジに行こうかと思います。


交差点の先には熊野神社がありましたが、ここは華麗にスルー。
人気の少ない物寂しい道を好んで歩き続けます。


【後編】に続く。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mutous.blog120.fc2.com/tb.php/229-9122da95
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。